ベンジーは木のにおいをかいでいた

クエンティンは鐘の音をきいていた

キャディは蛍の数をかぞえていた

 

1920年代末、アメリカ。

実験的手法を持って、文学永遠の課題を描いた名著が誕生した。

2021年、日本。

奪われた<声>を詩劇として、再び立ち上げる。

 

ディープサウスの墓場から記憶を求め去り行く家族の

性と別離

そして願わくは、冒険の物語として。

%E7%B9%9D%EF%BD%AD%E7%B9%A7%EF%BD%B3%E7%

本企画主宰の万里紗は「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」の助成を受けています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now